辛い痛みの痛風は適切な治療を|長引かせないための医療機関

医者

心臓の病と闘う

医師と患者

心筋梗塞は心臓病の代表的なものです。冠動脈と呼ばれる心臓の中枢の動脈が、動脈硬化を起こすことで心筋にエネルギーが送られなくなります。それにより、心筋が壊死してしまい起こるのが心筋梗塞です。その予防には適度な運動やバランスの良い食事、ストレスを溜めないことが大切です。

詳細を確認する

関節の炎症の治療

スマイル

関節が腫れて痛みがある場合は、リウマチを患っている可能性がある。世田谷区にはリウマチ科の病院があり、病院に通院すると適切な治療が受けられる。治療法は薬物療法が中心で、生物学的製剤などの薬を飲むことによって完治する。

詳細を確認する

関節に突然激しい痛みが

女医

足の親指の付け根辺りに

痛風とは足の指や足首、膝などの関節の痛みが繰り返す病気のことで、特に足の親指の付け根の関節に多く見られます。発症する年齢は40歳前後が多く、発症する人の9割以上が男性です。痛風は風が当たっても痛むことから名付けられたという説がありますが、これほどの激痛がある日突然発生します。足の親指の付け根辺りが赤い腫れとともに痛み出し、1日から2日ほど激痛が続きます。1週間ほどで痛みはおさまりますが、数カ月から1年たつとまた発作が起こります。このまま放っておくと、発作の間隔がだんだん短くなり痛みが慢性化するとともに、膝や足首の関節などに痛む部位が広がっていきます。また、結節や尿路結石が出来たり、腎臓の機能が低下することもあります。

血液中の尿酸が原因

痛風は、高尿酸血症という血液中の尿酸の濃度が高い状態が続くと引き起こされます。尿酸は、体内のDNAや食物に含まれるプリン体が分解されてできた老廃物で、尿となって体外に排出されます。しかし血液中の尿酸が増えすぎると、結晶化して関節などにたまっていき痛風の原因となります。たまった尿酸の結晶に対して白血球が攻撃を行うときに発作が起きます。痛風の予防には原因となる尿酸値を低下させることが重要です。尿酸値を抑えるためには、バランスの良い食事、アルコールを控える、適度な運動、ストレスをためないなどがポイントとなります。特に尿酸のもとになるプリン体の摂取を抑えることが大事です。プリン体は肉や魚、ビールなどに多く含まれています。

検診が健康な胃を守る

女性

胃がんは肺がんの次に多いがんで、特に男性の中高年に多いです。原因はピロリ菌という存在が大きいですが、乱れた生活習慣も関係ないとは言いきれません。今は医療の進化で治療も成功率が高くなり、検診も発見しやすい技術が整ってきたので、完治や予防も難しいことではありません。

詳細を確認する